国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 

 HOME > 開業、創業資金が必要な方へ > 会社設立時に融資申請を受ける際の注意点
会社設立時に融資申請を受ける際の注意点
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 

これから会社を設立し、会社として融資を受けたい。と、考えている方も多いかと思います。その際には、いつ申請をするのかというタイミングが問題になります。



基本的に、会社として融資を申し込む場合には、会社設立が完了(登記が完了)してからでないと日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の場合は申し込めません。


   会社設立前に申し込もうとすると、

   「それでは、資本金を出資するというような意味合いに
    なってしまいますので出来ません」

                     ・・・と、言われる筈です。

ですから、会社を設立する方は、

会社の登記が完了してからしか申し込めません。
(会社設立というのは着手してから登記完了まで一ヶ月くらいかかることもあります)

そして、
日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)に融資の申込みをしてから実行されるまでに、また一ヶ月くらいかかるかもしれないという前提でスケジュールを組むことが重要になってきます。

尚、会社の設立に関しましては私が運営する別のサイトをご覧ください。
 →『株式会社・合同会社(LLC)の作り方』

また、会社設立と融資申請をお考えでしたら、会社設立&融資申請パック が便利です。


会社設立や融資申請についてご相談のある方へ

無料メール相談または、有料面談相談をご利用下さい。
当事務所では、真剣に会社設立・融資申請をお考えの方に相談を承っています。
資金調達相談(全国対応)
起業・資金調達・リスケ *無料メール相談あり
 
無料メール相談では、「メール相談は、無料ですが、融資申請や融資申請を
前提とした会社設立の疑問・不安に真剣に回答します。」

有料相談では、「多くの方が相談を受けて『疑問だったことがよく分かり
スッキリしました。』と、言って下さいます。」



国金に申請する際の自己資金について知る 創業前にカードを作っておくのがいいって本当?

このページのトップへ



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.