国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 開業、創業資金が必要な方へ > 創業前にカードを作っておくのがいいって本当?
創業前にカードを作っておくのがいいって本当?
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
   「起業するならサラリーマンを辞める前に
            カードだけは出来るだけ作っておけ」


・・・まことしやかに囁かれる話です。

   つまり、

『サラリーマンなら自由自在にクレジットカードを作ることが出来るが、独立した瞬間に世間からの信用力は一気に落ち、新たにクレジットカードひとつ作ることが出来なくなる。』という訳です。




だからサラリーマンのうちに作っておいて、独立後の急な資金需要に対応できるようにしておこうということです。

独立をして「社長」という輝かしい肩書きが付くと同時に世間からの信用は逆に落ちる。というのは皮肉なことですが、これはまぎれもない事実です。


また起業直後の資金繰りも厳しい状況の中では、クレジットカードで決済できるとわずかながらもお金に余裕が出来ます。

たとえばインターネット上に広告を出す場合、今流行りのPPC広告(クリック課金型の広告)などであればカードで決済ができます。
そうすると、実際の支払を翌々月にすることが出来ますのでその間、数十万円ではありますが余計に運用できるのです。

小さな話ですが、起業直後の零細企業はたった数十万円のお金が足りなくて倒産することもざらにあるのですからバカにできない問題なのです。


ネットで申し込めるカードをまとめましたので、次のページも参考にしてみてください。
 →カードロンのまとめ(無担保・無保証人で借りられる融資先)




会社設立時に融資を受ける際の注意点!

このページのトップへ




ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.