国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 運転資金が必要な方へ > 日本政策金融公庫以外の選択肢
日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)以外の選択肢
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
創業時や中小零細企業にとって強い味方となるのが日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)なのですが、もちろん日本政策金融公庫以外にも融資を受ける道はあります。ここでは、それらをご紹介していきましょう。

  ■銀行からの融資

  ■信用保証協会付き融資

  ■地方自治体の制度融資

  ■ノンバンクからの融資

さて、融資制度のややこしいところですが、実は上の3つはそれぞれ違うものではなく同じ融資にこの3つが全て関わることもあるのです。


例えば、信用保証協会の保証を付けて銀行から融資を受ける。
                  ↓
それを地方自治体にあっせんしてもらうと自治体が利息の半分を負担してくれる。

なんていう形が取られたりするのです。ややこしいですよね?

いずれにしましてもざっくり整理してしまうと、日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)等の政府系金融機関以外の融資としては、

  民間の銀行系の融資

  銀行以外のノンバンク系の融資


に、分かれるという事になります。


創業後2期以上経過しているのであれば直接、銀行から融資を受けるという方法を取るために銀行を訪れてもよいでしょう。

しかし、創業間もない場合にはなかなか銀行から直接融資を受けるのは難しいですから、地方自治体が窓口になっている制度融資であっせんを受けて結果的に銀行から借入れをするという方法を取るのがよろしいでしょう。


また、どうしても日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)や銀行からの借入れが困難である場合にはノンバンクをあたってみるのも一つの選択肢です。最近はノンバンクでも創業時融資に力を入れているところが出てきています。

しかし、借りやすい分、金利は高めになるのが一般的ですから、そこはよく検討してから借入れをする必要があります。
 →ビジネスローンの比較(無担保・第三者保証人なしで借りられる融資先)

 →カードロンの比較(無担保・無保証人で借りられる融資先)


無担保・無保証人で本当に融資が受けられる制度はあるの?【創業2期以上編】

このページのトップへ




ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.