国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 

 HOME > 国民生活金融公庫の基礎知識 > 信用保証協会付き融資とは何なのか?
信用保証協会付き融資とは何なのか?
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
融資のことを調べていくと「信用保証協会」という言葉を耳にすることがあると思います。

信用保証協会というのは、政府系の機関なのですが、
簡単に言ってしまえば、


 お金を借りる事業主の保証人になってくれる機関

という事がいえます。

たとえば、あなたが銀行から直接お金を借りたいと思ったとしても、銀行からの信頼が無ければ貸してもらえません。
銀行もリスクを負いたくはないのです。

しかし、もし信用保証協会の保証が付くならおそらく「喜んでお貸しします」と言ってくれることでしょう。

何しろ、あなたがたとえ借入れ金を返済できなくなったとしても政府の機関である信用保証協会が肩代わりしてくれるのですから銀行にとってはノーリスクなのです。
ノーリスクの上に「利息」による収入は得られるのですから、こんな良い商売はありません。



なので、信用保証協会から保証を貰うことが出来れば、ほぼ借入れは出来ます。

ややこしいのは、この信用保証協会の保証をもらうためにはどうすれば良いのかが明確になっていない事です。

信用保証協会に直接申し込みに行こうとすると「いえ、ウチではなく銀行さんを通してください」と言われることもあります。

しかし、ではと銀行に行くと「信用保証協会の保証を貰ってくれれば」なんて言われることもあります。

じゃあ、どうすればいいの?と、思ってしまいますが、どちらにしても地方自治体のあっせんを受けてこの「銀行+信用保証協会」の融資を受けた方が良いので地方自治体の窓口に問い合わせてみるところから始めるのが良いと思います。

そこでも「まず、銀行さんに行ってください」なんて言われる可能性もあるのですが、まずは自治体に電話してみるところから始めるのが経験上よいと思います。
そして、あまりにたらいまわしにされる場合には、もう直接どれかに行ってみるというのが良いようです。

わかりづらい信用保証協会付き融資についてのサポートも当事務所では行っておりますので、
ご活用下さい。
資金調達相談(全国対応)
起業・資金調達・リスケ *無料メール相談あり


銀行から融資は受けられるの? 不動産担保の評価のされ方

このページのトップへ




ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.