国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 即日融資が必要な方へ > 消費者金融系の融資を受けても大丈夫?
消費者金融系の融資を受けても大丈夫?
 
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 

「消費者金融系(つまり、ノンバンク系ということですね)の融資を受けるのは怖いですか?」と、よく相談されます。

確かに消費者金融というと違法取立てなどで社会問題化したこともありますのでイメージとして「怖い」と感じるのも仕方ないところです。

但し、違法な取立て等の法律に反する行為をする業者は論外であって、全てを一緒に考える必要はないと思います。

もちろん、たとえこちらは借りている側であっても相手が違法な行為をした場合には法的措置を取ることも出来ます。
ですから、経営者である以上、積極的ではないにしても消費者金融系の融資というのも選択肢の一つとしてあってもよいでしょう。


しかし、日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)や銀行の一般的な融資と比べると金利も高い傾向にあるのは事実です。
ですから、その内容をよく確認し、それに納得したうえで利用する必要があります。


融資を受ける場合には事業者同士の「契約」ですから、何よりよく確認、そして納得、責任の履行が大事です。
もちろん、時間的余裕があるのであれば条件が有利な日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)などを最優先に考えるべきです。


日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)や銀行などは資料の提出や手続きが面倒だから、条件が悪くても消費者金融系で簡単に借りてしまおう〜というのは経営者としては疑問符です。

 



ビジネスローンとは? 緊急の資金調達先はどこ?(即日融資)
 

このページのトップへ
 



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.