国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 運転資金が必要な方へ > 無担保・無保証人で融資が受けられる制度【創業2期以上編】
無担保・無保証人で本当に融資が受けられる制度はあるの?
                                【創業2期以上編】
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
無担保・無保証人で受けられる融資制度は存在します。

創業後、2期を経過していない方は、
  「無担保・無保証人で本当に融資が受けられる制度はあるの?
    【創業時編】」

をご覧ください。

さて、2期以上経過している場合には残念ながら『新創業融資制度』(1000万円まで無担保・無保証人)は利用できません。
なので、どうしても無担保・無保証人で融資を受けたい場合には、
  『経営改善貸付』
を利用されると良いでしょう。
1000万円までですが、無担保・無保証人で融資が受けられます。
しかし、この融資制度は通常の国民生活金融公庫の融資と異なっているところがあります。

それは、申請にあたっての要件に、

「ご利用にあたっては商工会議所会頭、商工会会長等の推薦が必要」

・・・というものがあるのです。


商工会議所(あるいは商工会)に推薦をしてもらわなければいけないのです。そして、その推薦をいただくためには商工会議所(あるいは商工会)において六ヶ月間の経営指導を受けないといけません。

つまり、一朝一夕にこの制度を利用することができる訳ではないという事です。

ですから、「来月の資金繰りに困っている」という場合に使えるものではありません。


計画的に「将来的に無担保・無保証人で借入れができるように今から商工会議所の指導を受けておこう」というスタンスで取り組むべき融資制度です。

もし、商工会議所の指導を受けているような時間の余裕はない!
しかし、それでいて第三者保証人や担保を用意するのも難しい。。。
という場合には、ノンバンクの無担保・無保証人制度を検討してみるとよいかもしれません。
→ 【無担保】無担保ビジネスローンの比較


無担保・無保証人で本当に融資が受けられる制度はあるの?【創業1〜2年編】 日本政策金融公庫以外の選択肢

このページのトップへ




ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.