国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 即日融資が必要な方へ > 緊急の資金調達先はどこ?(即日融資)
緊急の資金調達先はどこ?(即日融資)
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 

時間に余裕があるときは、「金利」「返済期間」等の条件がより良い借入先を選ぶことが重要です。
しかし、経営上、一刻を争っている。この場をなんとかつながなければ会社が倒産する。逆にいえば、ここを乗り切ればその後の資金は回る〜という状況においては、悠長なことを言っていられないのが現実です。

即日融資をしてくれるところが必要です。

低金利などの有利な条件の融資は基本的に審査が厳しく、また審査期間が長いのが特徴です。逆に一刻を争う融資(即日融資)になれば、間違いなく条件は悪いもの(高金利など)を選ばなければならず、その後が大変になるというのが現実です。

もちろん優等生的に言えば、「そのような即日融資を受けるのは避けましょう」ということになりますが、私も同じ経営者としてきれいごとだけで乗り切れない場面もあることは心得ています。

ですので、ここでは最短当日から融資(即日融資)を受ける場合には、どういうところに申し込めばよいのか。
逆に、こういうところは時間がかかるよ〜というのを整理して下記にまとめてみました。

 ■融資実行まで時間がかかる商品
  銀行のプロパー融資
  国民生活金融公庫の融資
  自治体などの制度融資
  信用保証協会付き融資
 ■即日融資も可能な商品
  ビジネスローン(銀行系&ノンバンク系)
  個人向けローン



結論から言えば、「ビジネスローン」と言われるものです。
その他、会社などの事業者向けではなく個人的な融資も額こそ数十万円と小さいですが即日融資をしてくれるものがあります。
小さな事業者の場合、会社のお金とはいえ急場では個人融資でしのいだりもする訳です。




消費者金融系の融資を受けても大丈夫? 無担保・無保証人ですぐに借りられる融資とは?
 

このページのトップへ
 



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.