国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 即日融資が必要な方へ > 無担保・無保証人ですぐに借りられる融資とは?
無担保・無保証人ですぐに借りられる融資とは?
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)でも無担保・無保証人で融資を受けられる制度はいくつかあります。
しかし、日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の無担保・無保証人融資はかなり要件が厳しく、それにあてはまらないと借入れが出来ません。

たとえば、自己資金を借入れ希望額と同額用意してある。もしくは、商工会議所からの推薦が受けられる。などです。


また、日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の場合にはどうしても審査に時間がかかります。(実際に申請に着手してから融資が実行されるまで一ヶ月くらい)。

なので、「自分はどうしても公庫からの借り入れは難しい」「すぐに資金が必要」という場合には日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)以外の選択肢を取るしかありません。

要件、借入れ期間などのハードルが低いものとしては、ノンバンクのローンがあります。
但し、ハードルは下がる分、金利などの条件は国民生活金融公庫よりも厳しくなります。
よく条件を確認し、かつ自身のビジネスモデルを勘案したうえでノンバンクのローンを利用するのも良いと思えれば検討してみてもよいでしょう。

■創業時に無担保・無保証人で借入れができる可能性のあるもの
通常、ノンバンクが創業時に融資を行なうことは、少なかったのですが、最近では少しづつ増えてきているようです。金利は10%を超えるものが多いですが、「審査が簡便」「すぐに借りられる」という意味では創業者にとっては便利だと思います。
但し、ビジネスにおいて金利を上回る10%以上の利益を出すというのは決して簡単なことではありません。よく検討することが必要でしょう。
  →ビジネスローンの比較、申込
  →カードローンの比較、申込


■創業後最低でも1〜2期を経過している事業主が無担保・無保証人で借入れができる可能性が
  あるもの

決算書がある(つまり最低でも1期を終えている会社・個人事業主)と、非常に簡便な審査で借入れが可能なのがノンバンクの特徴です。但し、基本的には決算の数字で審査をされますので、あまりに赤字が多い決算や債務超過の場合には借入れが難しいかもしれません。
いずれにしても金利は高めになりますので、一時的な「つなぎ資金」などには向いていると思います。
  →ビジネスローンの比較、申込
  →カードローンの比較、申込




緊急の資金調達先はどこ?(即日融資)
 

このページのトップへ
 



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.