国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 
 HOME > 誰にも聞けない融資申請タブー集(ウラの話) > 自己資金や資本金を「見せ金」で作る人
自己資金や資本金を「見せ金」で作る人
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
創業時の融資申請にあたっては「自己資金」の額が、融資実行の有無や額に大きな影響を与えます。

会社として申請するならば「資本金」の額が自己資金と看做されます
ので(あくまで原則ですが)、この資本金の額も重要になります。

自己資金が重要な要素であるだけに、「これを偽ろう・・・」
つまり、本当は自己資金ではないものを自己資金のように見せかけるという手法は昔から使われてきました。

会社設立時に、一時的にどこかからお金を借りてきて資本金として登記してしまえば、見せかけ上の資本金を多く出来てしまいます。そうすれば、「資本金=自己資金」ですから、その偽りの自己資金を基に多額の融資を引き出せると、考えるのです。

こうした手法を「見せ金」と呼びます。

私の事務所では融資申請のみならず会社設立のお手伝いも年間100件以上おこなっていますので、「融資」「会社」に関連する情報・実例は多く入ってきます。
もちろん、当事務所でお手伝いさせていただくものについては「違法」なことは一切いたしませんが、情報としては実際に「見せ金」で会社を設立した。あるいは融資申請をしたというものが耳にいっぱい入ってきます。

意外と「見せ金」というものを気軽に考えている方が多くて、驚く程です。

一つだけアドバイスをさせていただくならば、

「見せ金」は犯罪になる。

つまり前科一犯になってしまう可能性もある。


ということです。

実際に実刑判決になった人もいるのです。


ビジネスはきれいごとだけでは上手くいかないのも事実かもしれませんが、こうした事を企てるのはコストパフォーマンス的に見ても割に合わないと思いますよ。



他からの借入れを隠して申請しようとする人
 

このページのトップへ
 



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.