国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 

 HOME > 誰にも聞けない融資申請タブー集(ウラの話) > 他からの借入れを隠して申請しようとする人
他からの借入れを隠して申請しようとする人
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
「他から(消費者金融など)の借入れが多くあるんですが、これだと日本政策金融公庫や銀行からの借入れは難しいですよね?」という相談をよく受けます。

結論だけお話をすると、他から借入れがあるからといって必ずしもダメな訳ではありません。

他からの借入れが「いくらあるのか?」という事よりも「月々の返済額がいくらなのか?」という部分が審査に影響をすると心得ておいた方がいいと思います。

せっかく良い事業計画があって、『毎月、確実に利益が出そう』という状態であっても、「しかし、毎月15万円の返済があるのでは実質的に成り立たないのではないか?」と、見られるかもしれませんし、「毎月5万円の返済ならば、充分に資金繰りが出来るのではないか」というように考えられる可能性もあります。

いずれにしても、他からの借入れがある場合は、月々のその返済額も考慮して事業計画書を作成しなければ説得力が無くなってしまうということです。

また、「他からの借入れを隠して申請しても大丈夫ですか?」という事もよく聞かれます。

ネット上などでは結構、他からの借入れを隠して融資申請をすることについて匿名の無責任な情報も出回っていますが、場合によっては犯罪にもなりかねない行為ですので、よくよく注意してください。



自己資金や資本金を「見せ金」で作る人 文書を偽造しようとする人
 

このページのトップへ
 



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.