国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 

 HOME > 誰にも聞けない融資申請タブー集(ウラの話) > 文書を偽造しようとする人
文書を偽造しようとする人
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
融資申請に際しては、様々な文書を提出させられます。(決算書、登記簿謄本、預金通帳等々・・)

自分に不利な内容(決算の成績等)のものがあると、ついつい「少し変えてしまおうか。」なんていう事が頭に浮かび始めるようです。

大企業では粉飾決算の事実が明らかになれば社会的な問題になります。

しかし、中小企業ではニュースにもなりません。

そして、恐ろしいことに中小企業でも程度の差は色々ですが、結構、『金融機関向けに偽造した決算書を作る』なんていうことは行なわれているのが事実です。

税務署には正確なものを出しても、対金融機関には数字や取引先名をいじったものを出す。なんていう事もあります。
(前期の決算書にも載っていた回収遅滞の取引先が今期のにも載っていると、不良債権化していると見られてしまいます。そんな時、売掛金の項目を少し消し消ししてみたり、取引先名を変えてみたり・・・)

まあ、言うまでもありませんが、私文書であれ公文書であれ文書の偽造は刑事罰もあり得るものです。
あまり気軽に考えない方がいいですね。



他からの借入れを隠して申請しようとする人
 

このページのトップへ
 



ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.