国民生活金融公庫活用術
このサイトは、主にこれから起業をしようとする方や、起業して数年の方が日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)から事業資金の融資を受けるための情報を提供し、はじめて利用される方が適正に日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)の融資制度を利用できるよう、分かりやすく解説しています。※このサイトおよび当事務所は日本政策金融公庫とは一切関係ありません。
H20.10月から国民生活金融公庫は他の政府系金融機関と統合のうえ「日本政策金融公庫」となりました。
審査基準や融資制度などは、今までとほとんど変わらないようです 
     
   業種別の事業計画書の作り方  
     各種ローン(民間)の比較 


 HOME > 国民生活金融公庫の基礎知識 > 日本政策金融公庫への申請手続きは面倒なの?
日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)への申請手続きは面倒なの?
資金調達相談(全国対応)
ビジネスローン比較
カードローン比較
 
もちろん他人から数百万円のお金を借りるのですから、色々な資料を要求されたり面談で受け答えをしなければいけませんので、決して簡単ではありません。

但し、基本的にはきちんと書類を用意し、面談で聞かれたことに答える(もちろんアピールもする)という非常にシンプルなことを行なうだけです。


『日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)に申請する前に準備することは?』のページで書類等についてはお話しました。

しかし、事業計画がしっかり立てられていて、書類がきちんと書けていても、それを自分の言葉で伝えるというのは案外難しいものです。
事業計画を自身がきちんと理解していることが大事です。

当事務所でも、書類の作成を多数ご依頼いただいていますが、どの依頼人の方ともきちんとコミュニケーションをとった上で、事業計画書などを作成しています。

そして、社長自身が自分の言葉できちんと計画を説明できるように、書類の内容をしっかりと説明させていただいています。

「先生に全部お願いするから、事業計画書、適当に作ってよ」と「丸投げ」しようとする社長さんもたまにいらっしゃいます。
でも、自分自身で考えないで、人に任せきりだと、面談できちんとした説明ができません。

話が少しそれてしまいましたが、決してATMでお金を引き出すような簡単さではないということです。

昨今ではノンバンクなどでも創業資金の融資を扱い始めています。
こちらは正直言って、日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)などに比べて申込みから借入れまで手続きもかなり楽です。


面談に出向かずに済んでしまうことさえあります。
保証人を用意しなくて良い場合も多く、そういう意味でも日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)よりもかなり精神的な敷居も低いといえます。
但し、日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)よりも金利などは高めになります。

これから創業される方も経営者になる訳ですから、

全ては経営判断です。

手間がかかっても国民生活金融公庫で低利の借入れをすることを優先するのか?

いや、手間がかからずに迅速に借入れができてしまうノンバンクを選ぶのか?

そうした事を費用対効果で決めていくのです。

(社長業は判断業などとも言われますね)

どちらが良い悪いではありません。


ノンバンクの融資については『無担保・無保証人ですぐに借りられる融資とは?』をご覧ください。

また、金融機関への融資申請にあたって専門家の力を借りて、よりスムーズに申請をしたいという場合には当事務所へご相談ください。
資金調達相談(全国対応)
起業・資金調達・リスケ *無料メール相談あり


日本政策金融公庫に申請する前に準備することは? 日本政策金融公庫では保証人は必ず必要なの?

このページのトップへ




ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.